iPad Air2022 CMソング洋楽の曲名は?歌っているのは誰?次の生徒会長はソニア

TV CM 誰 曲 歌っている人 CM
\スポンサーリンク/
[広告] プロモーションを含みます。

新しいiPad AirのCMが話題になっています。

「Election」とは選挙のこと。

iPad Airを駆使して、生徒会長選挙ポスターやアニメーション、Tシャツなどを作っていますよね。

ラストは「次の生徒会長はソニア」と宣言され、「Your next computer is not a computer(あなたの次のコンピューターは、コンピューターじゃない)」と締めくくられています。

このCMで使われている曲、不思議な音楽で気になりますよね!

一体誰の何という曲なんでしょうか?

今回は、2022年iPad AirのCM「Election」のCMソングについて紹介します。

iPad Airの歴代ソングについても調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください!

iPhone13グリーンのCMソングも評判だったなぁと気になる方はこちらもどうぞ!

iPhone13グリーンCMソング曲名は何?洋楽を歌うのは誰?

\スポンサーリンク/

iPad Air2022 CMソング洋楽はSparksの『This Town Ain’t Big Enough for Both of Us)』

The new iPad Air | Election | Apple

 

2022年のiPad AirのCM「Election」にCMソングとして使われているのは、Sparks(スパークス)の「This Town Ain’t Big Enough For Both Of Us」という曲です。

Sparks – "This Town Ain't Big Enough For Both Of Us" (official video)

 

「Sparks(スパークス)」はアメリカのロック&ポップバンドグループです。

1970年に結成されたグループで、ロン・メイルとラッセル・メイルという兄弟2人組のバンドなんですよ!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

S P A R K S(@sparks_official)がシェアした投稿

 

今回iPad AirのCMソングに使われていた「This Town Ain’t Big Enough For Both Of Us」は、1974年に発表された曲。

直訳では、「この街は、俺たち2人には狭すぎる」となります。

日本では、「ディス・タウン」として紹介されていたようです。

不思議な雰囲気と独特なメロディーの曲ですよね。

途中で銃声も入り、西部劇のような雰囲気も感じられます。

「Kimono My House」というアルバムに収録された曲でしたが、シングルとしてもリリースされて、全米2位のヒット曲になっているんですよ。

 

Sparksはもともと癖のある曲作りで知られているバンドです。

ライブでも、派手なアクションのラッセルと、キーボードの前から動かないロンという独特なステージを見せているようですよ。

これまで、グラムロック、パワーポップ、エレクトロニック・ダンス・ミュージック、メンストリームのポップ・ミュージック、チェンバー・ポップ(バロック・ポップ)など、多岐に渡るジャンルの音楽を作ってきたSparks。

スタイルは変化しながらも、スパークス・サウンド」としての魅力がファンに支持されているようです。

ヴィジュアルも様々で、結構ユーモアのあるお二人なんですよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

S P A R K S(@sparks_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

S P A R K S(@sparks_official)がシェアした投稿

\スポンサーリンク/

iPad Airの歴代CMソングどの曲もかっこいい!

The new iPad Air | Now with M1 | Apple

 

これまでiPad AirのCMソングとして使われた曲は、どれもかっこいいものばかりです。

 

上の動画は、同じく2022年のiPad AirのCM。

使われているのは、シンガーソングライターYEBBA(イエバ)さんの「Boomerang」という曲です。

Yebba – Boomerang (Official Video)

 

YEBBA(イエバ)さんは、アメリカ出身のシンガーソングライターです。

大きな注目を集めたのが、2016年にニューヨークでの「SoFar Sounds」というライブ。

自作の「マイ・マインド」という曲を歌いましたが、その歌唱力が話題になりました。

しかしその数週間後に母親が自殺で亡くなります。

そんな悲劇を抱えながらも音楽を続けた彼女は、2019年にグラミー賞の「Best Traditional R&B Performance」を獲得。

これがデビュー前というのも驚きです。

 

2020年に満を持してデビューしたYEBBAさん。

今後も大注目のアーティストなんです。

この「Boomerang」という曲も、力強いボーカルがかっこいいですよね!

\スポンサーリンク/

まとめ

2022年のiPad AirのCM「Election」にCMソングとして使われているのは、Sparks(スパークス)の「This Town Ain’t Big Enough For Both Of Us」という曲です。

直訳すると「この街は、俺たち2人には狭すぎる」という意味のこの曲は、1974年に発表されています。

Sparksは兄弟2人組のバンド。

独特な音楽と表現が人気のグループでした。

iPad AirのCMソングとして使われた曲は、どれもかっこいいと話題です。

今回紹介したのは、YEBBAの「Boomerang」。

彼女も、今後注目のアーティストです!

 

iPhone13グリーンのCMソングも評判だったなぁと気になる方はこちらもどうぞ!

iPhone13グリーンCMソング曲名は何?洋楽を歌うのは誰?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました