【シロクロ】1話ネタバレとネットの感想まとめ 横浜流星とパンケーキの見逃し動画はhulu

シロクロ ミスパンダ 2020冬ドラマ
\スポンサーリンク/

ドラマ”シロクロ”(シロでもクロでもない世界でパンダは笑う)の1話が始まりました。

横浜流星&清野菜名のW主演で、本格的アクションもあるらしいと、期待の声が多いドラマの第1話には元NGK48の山口真帆さんがゲスト出演など、話題たっぷりです。

1話目から、高須クリニック、ドクターX、などパロディも売りの一つになりそうなくらいにネタも仕込んでありましたね。

ネットの皆さんはこのドラマをどう見たのでしょうか?感想の声を拾ってきました〜。

 

ネタバレ満載ですので、未視聴の方、ネタバレ踏みたくない方はご注意ください!

先にhuluで見てから戻ってきていただければ・・

\↓huluの無料お試しは14日間すべての動画が見放題↓/ 今すぐhuluの無料お試しに登録する

\スポンサーリンク/

ただただ横浜流星が美しくてやばい

 

 

横浜流星さんがかっこよくて美しいのはそうなんですが、その破壊力が1話目からハンパなくて、みんなメロメロのようです。

メンタリストのメガネ顔、白衣、パンケーキシーンでの正面ドアップ、そりゃやられますわね。

 

録画忘れちゃった方はhulu へどうぞ。流星くんの無限ループが待っています。

\↓huluの無料お試しは14日間すべての動画が見放題↓/ 今すぐhuluの無料お試しに登録する

 

\スポンサーリンク/

パンケーキのハチミツ(シロップ)で催眠かけられたい民大発生

 

 

飼育員さんこと森島 直輝(横浜流星)が、川田 レン(清野菜名)を催眠にかけてミスパンダとして動かしていることが1話で早速わかるのですが、催眠にかけるかけ方が、ずるいというかかけられたいというか・・・笑

 

パンケーキ食べに行こ、と誘ってハチミツ(シロップ?)をちょうど目の高さぐらいからたらぁ〜〜っとたらす

 

これで催眠にかけてしまうのですねぇ。

かけられたいですねぇ。

 

そんな乙女がネットに大発生です。わかるわ。

あのカメラワークは、あざといよ。

 

 

毎週日曜夜にパンケーキ食べたくなる人大発生の予感です。

 

パンケーキのロケ地はこちらの記事にまとめました、流活のお役に立てば!

 

\スポンサーリンク/

ストーリーはイマイチ?継続視聴を迷う声も

シロクロ ミスパンダ

 

  • 森島 直輝(横浜流星)は父(田中圭)をなくしているが、その経緯には何か秘密か事件性がありそう
  • 川田 レン(清野菜名)は母親との間に問題がありそう。DVか?親子写真の塗りつぶされているのは誰?
  • 直輝に指示を出しているMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は何と法務大臣!

 

1話で撒かれた伏線の種で重要そうなのはこのあたりでしょうか。

田中圭さんが出てきたところで、2話以降への期待値がぐっと上がった気がしますが、どうもイマイチ、という声も一方で聞かれます。

 

1話切り、されちゃうのか?

 

 

 


3A、あな番、ニッポンノワールと話題を振りまいてきた日テレ系日曜夜10時半のドラマ枠ですが、この枠だからちょっと・・という気持ちの方もけっこう多そうですね。

今期も良くも悪くも話題になりそうです。

\スポンサーリンク/

まとめ

1話では、横浜流星、パンケーキ、しか頭に残らないような展開でしたが、今後親子関係の謎や、法務大臣がMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)となっている理由など、謎が明かされていくのでしょう。

思ったよりアクション少なくて、がっかりした声もかなり見られたので、次回以降はもっとアクション見たい、というのは同感です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

タイトルとURLをコピーしました