GACKTがラトゥールを間違える?格付け2020でガクトを迷わせたテーブルワインとは?

ワイン グルメ TV番組
\スポンサーリンク/

 

毎年恒例の人気バラエティー番組「芸能人格付けチェック!」の2020年お正月特番で、大変なことが起こりました。

芸能人格付けチェックの中でも人気の「ワイン対決」。

だいたい毎年5000円程度のテーブルワインと、5大シャトーなど超有名なシャトーの年代物を比べるパターンですが、今年はいつも一口(ひとくち)しか口をつけないGACKTが、二口(ふたくち)めを口にした、ということで、話題です。

GACKTを迷わせるテーブルワインとは一体どんなワインだったのでしょうか?

  • GACKTを迷わせた5000円のテーブルワインとは?
  • 過去のワイン対決一覧

という内容でお届けしていきます。

\スポンサーリンク/

2020年正月のワイン対決に選ばれたワインは?

 

2020年のワイン対決は、赤ワインの組み合わせです。

シャトー・ラトゥール(1959年) VS  テーブルワイン(5,000円)

 

フランスの5大シャトーのひとつ、シャトー・ラトゥールの1959年。

当たり年、と言われた1959年のシャトー・ラトゥールは、レストランでは一本100万円はくだらない、と紹介されていましたが、ネット通販(楽天)でも50万円前後でお取り寄せ、となっていました。

まさに一流の名にふさわしい名ワイン、といったところですね。日本にはもうあと数本しかないそうです。

比べる相手は、5000円のテーブルワイン、ならば58連勝中のGACKT様なら外すはずはない?

と思いきや・・・

\スポンサーリンク/

GACKTを迷わせた5000円のテーブルワインとは?

ワイン 

 

5000円のテーブルワイン、1976年のボルドーということで、そんな悪いワインではなさそうです。美味しかったみたいですしね。

 

他の一流芸能人の皆様の判定を見てみると・・

Aをラトゥールだと判断したのは、古舘伊知郎、桐谷健太、千葉雄大

Bをラトゥールだと判断したのは、片瀬那奈、志村けん、乃木坂46(白石麻衣、秋元真夏)でキャバクラ誕生

 

 

志村さんと片瀬さん「歴史を感じました」と言ってましたが・・!

正解はAで、GACKTさま正解でしたが、GACKT様、Bを二口飲んでましたね。迷った理由は、

Aはもちろん、美味しいけど、Bも美味しかった」から。

 

とはいえ、Aがラトゥールであることに確信はあったようです。

「長い年月を時間という職人が磨き、クラスターが球体になったような、口に含んだ時に非常に柔らかい」印象、でAがラトゥールでした。

Bのワイン、銘柄教えてくれませんでしたね。なんだったんだろう。

 

\スポンサーリンク/

過去のワイン対決に選ばれたワインは?

 

過去の出題ワインをまとめてみました。

パターンとして、超有名シャトーの高級で、時にはとても入手困難なレアワインと、3000円か5000円程度のテーブルワイン、という組み合わせが多いようですね。

2019年(赤ワイン)
シャトー・ムートン・ロートシルト(1959年)
テーブルワイン(5,000円)

2018年(赤ワイン)
シャトー・ペトリュス(年代非公表)
フランス産テーブルワイン(5,000円)

2017年(赤ワイン)
シャトー・オー・ブリオン(1923年)
テーブルワイン(5,000円)

2016年(赤ワイン
シャトー・ラフィット・ロートシルト(1923年)
テーブルワイン(5,000円)

2015年(白ワイン)
モンラッシェ/ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC) 2004年
カリフォルニア産のテーブルワイン(5,000円)

2014年(赤ワイン)
ラ・ターシュ/ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC) 2005年
アメリカ産のテーブルワイン(5,000円)

2013年(赤ワイン)
シャトー・ラ・トゥール 1949年
カリフォルニア産のテーブルワイン(3,000円)

2012年(赤ワイン)
ヴォーヌ・ロマネ・1級「クロ・パラントゥー」/アンリ・ジャイエ 1994年
オーストラリア産のテーブルワイン(3,000円)

2011年(白ワイン)
モンラッシェ/ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)2000年
アメリカ産のテーブルワイン(5,000円)

2010年(赤ワイン)
シャトー・ペトリュス 1990年
アメリカ産のテーブルワイン(5,000円)

 

赤ワインがやや多め、高級ワインは全てフランスの有名シャトー、というパターンが多いようですね。

\スポンサーリンク/

まとめ

あのGACKT様が、迷ったワインということで気になって調べてみました。

5000円でラトゥールと遜色ないワインが飲めるなら、一度飲んでみたいかなと思いますね。

 

その後、GACKT様と鬼龍院翔さんのチームはえらいことになりました。その様子はこちらの記事にまとめていますのでどうぞ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました